病院

骨粗鬆症はカルシウムだけじゃない|予防のために骨を鍛えよう

骨密度を強化する

医者

転倒や骨折を防ぐ方法

骨粗鬆症は骨密度が弱くなり、転倒や骨折を起こしやすい状態になってしまうことを言います。このような状態になりやすいのが高齢者で、骨折をしてしまうと寝たきり生活を強いられてしまう可能性も出てきます。そうなる前に予防しておくことが、大変重要なことになってきます。このような予防法は、骨粗鬆症を治療する整形外科でも行われています。運動や食事療法を地道に行っていくことで、骨密度を強化してくれるからです。正しい知識を持った医師が分かりやすく説明してくれるので、高齢者の人でも安心して取り組むことができます。こういう予防を行っていくことで、日常に潜む危険を防いでいくことができます。骨粗鬆症への予防は、元気に活動できる日々につながっていくので、骨が丈夫になれる可能性は十分にあります。骨粗鬆症の予防を何から始めていけばいいのか分からない場合でも、医師に予防法を聞いていくのが一番です。

健康的な習慣を心がける

この骨粗鬆症の予防とは、まず運動が効果があります。運動といっても激しく動くのではなく、軽いストレッチやウォーキングでも骨密度を強化してくれるのです。しかし、1〜2回だけでは効果はありません。これを習慣にして続けていくことで、次第に骨が丈夫になっていきます。高齢者の人でも問題なくできるような動きを整形外科の方で指導してくれるので、負担のない動きで行っていくことができます。そして、食事療法も大事なことで、栄養価の高い食事を心がけるようにします。特に骨を形成してくれるカルシウムは積極的に取っていきたい栄養素です。どの食材にどんな栄養がどれだけ入っているのかを学び、それを料理に取り入れていくことで栄養が上手く摂取できます。こういったことも運動と一緒に整形外科の医師やスタッフが指導するので、とてもためになる情報です。骨粗鬆症になりにくい人は、若い頃から運動を習慣にしていて、栄養バランスの取れた食事を習慣にしていることが多いです。こういった基本を意識して、骨粗鬆症にならないように予防していくようにしましょう。