病院

骨粗鬆症はカルシウムだけじゃない|予防のために骨を鍛えよう

骨を強くする習慣

病棟

将来のリスクを避ける

骨粗鬆症は、中年の年齢に差し掛かってくるとじわじわと進行していき、悪化してしまうと転倒しやすくなる危険性があります。骨粗鬆症は、骨密度が弱くなってしまうことで転倒などの支障が出やすくなってしまいます。骨自体が弱っているので転倒で骨折してしまうことが多く、これをきっかけに寝たきりになってしまう高齢者も多いです。骨粗鬆症を避けるためには、まずは普段の生活から予防を心がけていかなければいけません。この予防にいい行いは、栄養バランスの取れた食生活に適度な運動です。これを習慣にしていくことで、骨が丈夫になっていきます。このような予防の呼びかけは、骨粗鬆症の治療をしている整形外科などで行われ、年配の人でも分かりやすく指導がされているので安心です。若いうちから不健康な状態でいれば骨粗鬆症のリスクも高まるので、年齢に関係なく予防を行っていくことは無駄ではありません。

無理なく続けられる

骨粗鬆症の予防として、栄養のある食生活を意識していくようにします。骨の丈夫さはカルシウムが一番効果的なので、その食材を多めに取っていくのがおすすめです。偏った食事ばかりでは栄養面に欠けてしまうので、健康的な食事を心がけることが大切です。そして、運動も骨粗鬆症の予防には大きな効果があります。あまり体を動かさない生活をしていると、骨が弱くなってしまいます。運動といっても本格的なものではなく、普段からできるようなウォーキングなどの負担のない動きが、続けやすくなっています。骨粗鬆症で骨折などをしてしまうと、それを繰り返してしまうこともあるので慎重にならなければいけません。病院での治療は投薬以外にもこういった予防をすすめているので、できることから積極的に行っていくようにしましょう。